2007年 01月 08日
三笠台から風神山~大かん台へ
午後から少し時間ができたので、平尾台へ上がってみる。三笠台駐車場に車をとめ、久しぶりに風神山から大かん台へ歩いてみることにする。正月明けの週末の夕暮れの平尾台は静かだ。三笠台駐車場にも珍しく一台も車がいない。
<▼三笠台駐車場にて>
d0117746_232414.jpg

草原の斜面を三笠台へ上がってみる。今年は暖かいが、1月の風はやはり冷たい。三笠台に上がると、平尾台が360度見渡せる。冬枯れ色の草原の中に白い石灰岩の群れがひときわ綺麗だ。西からの夕暮れの光が冬枯れ色の草原を照らし、オレンジ色に輝く。
<▼三笠台から風神山・大かん台を眺める>
d0117746_2371527.jpg

三笠台から風神山へ歩いてみる。冬枯れの草原が風でザワザワと揺れる。
時期と時間のせいか、他に人の姿は見えない。
冬の空に雲が流れていく。
<▼風神山にて>
d0117746_22141031.jpg

風神山からは天狗岩の稜線が目の前に見える。
この先は断崖絶壁に切れ落ちている。その稜線の左に、行橋の平野が見える。
<▼風神山の祠>
d0117746_22172627.jpg

風神山には祠がポツンと立っている。
誰もいず、静かだ。
<▼大かん台にて。
d0117746_22225313.jpg

だんだん夕暮れになってきた。西の空がいろいろな色に変化してくる。
風神山から大かん台へぶらぶらと歩いてみる。
目の前の龍ガ鼻に夕陽と雲が流れていく。
一月の夕方の平尾台はとても静かだ。
夕方になり、風が冷たくなってきた。
冬の畑を横切り、三笠台へ戻った。
[PR]

by hiraodai_love | 2007-01-08 23:00 | 1月の平尾台


<< ヤマボウシとピナクル      鬼の唐手岩から初日の出 >>