2007年 08月 14日
広谷湿原 お盆、サギソウが舞う頃
お盆の早朝、広谷湿原へ出かけた。青龍窟を出て、田代峠への坂道を登っていく。
緑の草原と青い空がとても綺麗だ。
d0117746_0151893.jpg

振り返ると、京都平野が眼下に広がる。
田代峠が近づくと、目の前に「鬼の唐手岩」が迎えてくれる。
朝日を浴びた鬼の唐手岩はとてもすがすがしい。
d0117746_01547100.jpg

田代峠から見る光景は私の大好きな風景である。鬼の唐手岩の下にはポッカリ口をあけたドリーネ「田代の岩屋」。その向こうには、福岡県で唯一の湿原である広谷湿原が広がる。そして、広谷の向こうには貫山へ続く四方台の山並みが横たわる。特に夏は緑の草原と白い石灰岩のピナクル、そして青空がとても綺麗でいつまでも見ていたい風景である。
d0117746_0167100.jpg

田代峠を越えるとそこは広谷湿原である。道端には黄色いオトギリソウがいっぱい咲いている。
d0117746_0163027.jpg

湿原の木道の間からはオレンジのコオニユリが大きく花を広げている。コオニユリのオレンジと緑の草原、青い空がとても綺麗だ。まさしく平尾台の夏!
d0117746_018245.jpg

湿原には茶色に色づいたアブラガヤが背を伸ばしている。少し秋の気配を感じさせてくれるが、日差しはまだ暑い。
d0117746_0181832.jpg

お盆の早朝であるせいか、人は誰もいない。いつもながら、ゆったりと湿原を眺める。
湿原には夏の花である紫色のコバギボウシ、そして白いサギソウが風に揺れ漂っていた。
d0117746_0183419.jpg

サギソウは本当にサギが飛んでいるような形をしている。見る角度により、空を飛び回るいろいろな姿のサギに見えてくる。しばらく、草原のサギを眺めていた。
d0117746_0185320.jpg

8時を回り、日差しも強くなってきた。また、暑い夏が始まる。静かな湿原を後にし、田代峠を登って帰る。
[PR]

by hiraodai_love | 2007-08-14 18:12 | 8月の平尾台


<< 初秋を歩く1:見晴台~堂金山~...      青龍窟 真夏の霊気 >>