2007年 09月 23日
初秋の広谷湿原にて
d0117746_20304322.jpg

9月中旬、秋の香りが漂う初秋の広谷湿原に出かけた。
今年は残暑が厳しいが、曇りのためいくぶん暑さをしのげる。
広谷へ降りると、木道の周辺はピンクのツリフネソウが咲き乱れていた。
賑やかだった夏の花の頃と違って、どことなく落ち着いた雰囲気に変わった湿原には初秋の花が咲いていた。
黄色いスイラン、紫色のさわやかなサワギキョウ、頭を垂れ始めたキセルアザミなど、湿原の終盤を飾る花達が静かに咲いている。
湿原で秋の雰囲気を感じた後、茶が床へ帰る。中峠へ向かう道にはススキはいっぱい穂を広げ始めていた。
ススキは出始めた草原の片隅にヤナギアザミが風に揺れていた。
茶が床ではソバ畑の花がちょうど見ごろであった。しっかり、秋が来ている。
d0117746_20311051.jpg
d0117746_2031235.jpg
d0117746_20313462.jpg
d0117746_20314210.jpg
d0117746_2031506.jpg
d0117746_2032637.jpg
d0117746_20321671.jpg
d0117746_2032272.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-09-23 20:28 | 9月の平尾台


<< 鬼の唐手岩 ~2008年散策の...      初秋を歩く1:見晴台~堂金山~... >>