2008年 09月 13日
光水岩溝
2008/9/13
久しぶりに平尾台へ上がった。記録を見ると5月以来であった。
今年は週末は高校の同窓会錦*会で忙しく、なかなか上がれなかった。
今回は所属のケイビングクラブの訓練であった。メンバーは隊長のU田さんとたぶん日本最年長ケイバーであろうI田(84才)さん、そして私M本の三人である。
練習場は初心者用として利用している光水岩溝及びその周辺。今回は訓練本番に備えての下見、セッティング練習が主体である。
午前中は光水上部の地上の石灰岩ピナクルにてセッティングの検討。以前から張りたかった大きなピナクルに二本のロープをセットし、懸垂下降・ラダー昇降の確認。
d0117746_23184613.jpg

午後からは光水岩溝に移動。草が背丈まで伸びていたが、前日にI田さんが刈ってくれていたため、助かる。
岩溝はかなり樹木が覆いかぶさっており、以前に増して薄暗い。覗き込むと吸い込まれるようだ。心なしか冷気を感じる。岩は濡れて湿っておりかなり滑りやすい。
支点をセットし、ほぼ垂直の壁に下降用ロープと登攀用ラダー及びビレイロープのセッティング確認。ラダーは10mがギリギリ。セッティング確認後、先ずはM本が懸垂下降で下へ降りる(ストップ使用)。
垂直壁は予想以上に湿気とコケで滑りやすく、壁のフリクションがほとんどきかない。その後、上部からビレイしてもらいラダーでの登攀確認。
d0117746_23192934.jpg

d0117746_23194464.jpg

その後、I田さんが再び回収のために懸垂下降(エイトカン使用)。そしてロープを回収しながら、ラダーを登攀。そしてラダー及び支点類を回収し終了。
この岩溝は比較的広いため、壁付き懸垂下降、壁付きラダー登攀、空中懸垂下降、空中ラダー登攀などの基本練習ができる。
d0117746_2320461.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-09-13 00:48 | ケイビング


<< 光水岩溝2      雪景色2(2008/2/24) >>