2009年 03月 08日
野焼き遠望
3/8は平尾台の恒例の野焼きであった。平尾台の野焼きは子供のころから馴染みがあるが、実はまだ間近で見たことがない。野焼きの日はここ麓の白川には、焼いた後の灰が天から降ってくる。その灰を見ては、今日は野焼きだなと感じていた。野焼きは時には火事になることも多い。予想外のところへ燃え移った火はどんどん広がり、賢明な消化活動にも関わらず、夜まで消えず、夜に赤い火が山の端を移動していくのを眺めていた記憶もある。
ここ数年、野焼きと苅田町のふれあいマラソンが重なっていたため、野焼きを見れなかったが、今年はだぶらなかったので、今年こそ見ようと思っていたが、直前になって忘れていた。日曜日の昼ごろ、大分から戻ってきて行橋に入ると、平尾台の山々から黒い煙が広がっていた。既に四方台は真黒に焼け、周防台から桶ケ辻へ移動したようで、ちょうど桶ケ辻のてっぺんから煙が出てたなびいていた。(2009/3/8撮影)
d0117746_23491144.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-03-08 23:49 | 3月の平尾台


<< 野焼きの後で      塔ケ峰へ(行橋) >>