2009年 03月 25日
その後の工事中の茶ガ床園地
茶ガ床園地は工事は予定では3月末であったので、3/14の野焼き後の週に、工事がどうなっているのか確認に行った。トイレも展望台地も工事真っ最中で急ピッチで進行していた。
最初に目が行ったのは、古いトイレが既になくなっていたこと。そして、その跡地にはベンチができていた。
そして展望台地にはそれぞれのベンチに屋根がついていた。
見晴らし台から茶ガ床に近づいてくる時、展望台地に東屋みたいな屋根が見えてきたので、出来上がりつつあるのはやはり屋根付きのベンチであったのだ。
以前の茶ガ床の展望台地は広々としてスコーンと開けている開放感があったが、屋根付のベンチになると気のせいか、少し圧迫感を感じる。しかし、樹木が少なく、日陰の少ない平尾台では散策者や家族やカップルが、ゆっくりと休憩するにはいいのかもしれない。工事も終わりが待ち遠しい。【2009/3/14撮影】
d0117746_22144841.jpg
d0117746_2214579.jpg
d0117746_2215530.jpg
d0117746_22151362.jpg
d0117746_22152249.jpg
d0117746_22153135.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-03-25 22:16 | 3月の平尾台


<< 洞窟訓練 ~シランの谷~      野焼きの後で >>