平尾台の風を感じて・・・四季の平尾台散策記

スノーハイク:広谷台から鬼の唐手岩へ

1月の平尾台
元のサイトで完全版を読む
1/25の雪の日の平尾台。貫山からの帰りに広谷台から鬼の唐手岩へ回ることにした。相変わらず雪は降り続いており、視界もあまりよくない。貫山からNTT鉄塔へ続く舗装道へ出る。積雪は10cm程度。いつもなら真下に広谷湿原が見渡せるはずだが、今日は雪でほとんど見えない。周防台の姿も全く見えない。
雪は降り続いているが風が少ないので快適だ。しかし、他に散策者には全く合わない。静かな雪の日の散策を楽しむ。舗装道から広谷台へ続く道へ入る。
2枚目の画像
笹の原の中に続く真っ白な防火帯を歩いていく。誰も歩いていない真白なバージンの雪道に足跡を付けて行くのもまた楽しい。
3枚目の画像
広谷台への登りから振り返る。NTTの鉄塔は見えるが、貫山の姿は見えない。
4枚目の画像
広谷台も真白であった。天気が良ければここからは私の住む白川が真下によく見えるのであるが、今日は何も見えない。広谷台の標識も雪が付着して見えない。
5枚目の画像
広谷台からは草原の中のピナクルを間を通りながら鬼の唐手岩へ向かう。目の前に周防台が大きく見えるはずだが雪で見えない。雪をかぶったピナクルを見ながら鬼の唐手岩へ到着する。
6枚目の画像
7枚目の画像
唐手岩の上も雪をかぶっている。岩の上に上がって見たが生憎アイゼンを持ってきてなかったので、滑りそうで怖い。セルフタイマーを使っていつもの哀愁の後ろ姿の写真を何枚か撮ったが、一度、滑りそうになり冷汗が出る(笑)。ここで落ちたらセルフタイマーはその瞬間をちゃんと納めてくれてるだろうかと変な心配をする。
8枚目の画像
唐手岩で少し遅い昼食とする。のんびりと雪景色を眺めていると雪も止み、運のいいことに空が少しずつ明るくなってきて、ほんの少しであるが青空が見えてきた。天気の状態から天使のいたずらの束の間の青空であるのだが、今まで悪かっただけに嬉しい。広谷台も綺麗に見えてくる。
9枚目の画像
10枚目の画像
すかさずカメラを出し、真下に見える広谷湿原から四方台、周防台方面の写真をとる。草原の中を横切る雪が積もった白い道が綺麗だ。
11枚目の画像
12枚目の画像
13枚目の画像
唐手岩でしばらくのんびりした後、田代峠を回って広谷湿原へ降りることにする。田代峠から見る鬼の唐手岩は雪景色の中で一段とどっしりして見えた。束の間の青空も消え、また、曇り空になってきた。(2009/1/25)
14枚目の画像
もっと見る
タグ
鬼の唐手岩・広谷台
雪景色