平尾台の風を感じて・・・四季の平尾台散策記

5月初旬の平尾台:新緑の草原と爽やかな風

5月の平尾台
元のサイトで完全版を読む
5月初旬、GWの後半に平尾台を久しぶりに散策した。野焼きが終わった平尾台は早くも一面緑色に変化し、爽やかな五月の風が吹きわたっていた。そんな五月の平尾台が私は大好きだ。 緑の草原の中、春の花も目白押しだ。黄色いオカオグルマ、紫色のシラン、青い瞳のホタルカズラ・・・・きりがないほど花がいぱいだ。 久しぶりに青空の中、緑の草原をウロウロしてみた。茶ガ床は今年の三月に改装され、素晴らしいトイレと屋根つきのベンチができ、大勢の人達で賑やかであった。屋根つきのベンチは日陰が少ない平尾台にとっては助かるであろう。 あてもなく羊群原の中を歩いてみた。目指す目的地もなく、草原の中のかすかな踏み跡道をたどっていく。緑の草原の中の白いピナクルの横を通り抜けるたびに、ピナクルが話しかけてくるようだ。 五月の平尾台!青空と緑の新緑と白いピナクル、そして爽やかな風。私の大好きなシーズンである。【散策日:2009/5/9】
2枚目の画像
3枚目の画像
4枚目の画像
5枚目の画像
もっと見る
タグ
散策
茶ガ床
春の花