カテゴリ:6月の平尾台( 6 )

2009年 06月 28日
ノハナショウブの頃 広谷湿原
平尾台の広谷湿原は福岡県で唯一の湿原である。小さな湿原であるが、カルスト台地の中に存在する非常に珍しい貴重な湿原である。そんな湿原には春が終わる5月頃から、湿原特有のいろいろな花が咲き始める。サギソウが終わると、6月中旬ころから広谷湿原ではハナショウブの原生種である紫色のノハナショウブが咲き乱れ始める。紫色で地味な色合いであるが、緑色に染まった草原の中の湿原にはよく似合う。今年もまたノハナショウブに会いに行った。青龍窟から田代峠を越えて広谷湿原に降りると、毎度ながら木道の横で紫色のノハナショウブが迎えてくれた。湿原の中にもいっぱいのショウブが咲いている。しばらく、木道からその光景を眺める。緑の草原と青い空の中、ノハナショウブに梅雨と夏の到来を感じた。【今週の一枚:No.326】
d0117746_2315354.jpg
d0117746_232385.jpg
d0117746_2321237.jpg
d0117746_2322089.jpg
d0117746_2322892.jpg
d0117746_2323515.jpg
d0117746_2324599.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-06-28 23:03 | 6月の平尾台
2009年 06月 08日
6月初旬の青龍窟
久しぶりに等覚寺から青龍窟へ上がった。梅雨前のこの時期、あまり人はいないだろうと思っていたら、青龍窟下の駐車場は北九州のS高校の合宿中であった。夏からこの時期、何度もこの高校には遭遇しているので、今でも継続しているのを見て嬉しくなった。
青龍窟下の広場は一面の緑が綺麗だ。五月中旬に「白川の郷土と自然を守る会」でこの一帯は草刈を行っている。そんな緑の中、青龍窟の東洞口前には色鮮やかなツツジが花を咲かせていた。そして洞口の脇では可愛らしいユキノシタとウツギの白い花が迎えてくれている。すでに、洞口の前に立つと涼しい冷気が漂ってくる。洞口ホールへ降り、奥の院にお参りをした後、広谷・鬼の唐手岩への散策へ向かう。この時期の青龍窟周辺は緑がとても美しい。【散策日:2009/6/7】
d0117746_005991.jpg
d0117746_011048.jpg
d0117746_01188.jpg
d0117746_013045.jpg
d0117746_014292.jpg
d0117746_015070.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-06-08 00:02 | 6月の平尾台
2007年 06月 23日
広谷湿原 ノハナショウブの頃
今にも雨が降り出しそうな、はたまた、しばらく持ちそうな微妙な天気であった。
今週も等覚寺・青龍窟から広谷へ入ってみる。
鬼の唐手岩に少しガスがかかりはじめているが、しばらくは持ちそうだった。
先週は既にノハナショウブがちらほら咲き始めていたので、たぶん今週からが見ごろだろうと思いながら田代峠から広谷へ降りる。
予想通り、木道の回りのノハナショウブがかなり咲いていた。梅雨空の湿原の中に、このノハナショウブの紫の花がよく似合う。
d0117746_18142058.jpg

d0117746_18144019.jpg

d0117746_18145547.jpg

湿原にはノハナショウブの他にも小さな花が咲き始めている。モウセンゴケの白い花が首をもたげ、コバノトンボソウの細い体が風に揺れていた。
d0117746_1815782.jpg

短い時間であったが、元気が湧いてくる。広谷に白いガスが降りてこようとしている。静かな湿原を眺めたあと、田代峠を越え、来た道を帰る。
d0117746_18153651.jpg

帰りに青龍窟東洞口に降りてみる。梅雨に入ってからあまりまとまった雨が降ってないせいか、滴下水はまだ落ちていない。洞窟の冷気による白いガスが洞口へ流れ込もうとしており、幻想的な光景を見せてくれた。
d0117746_18155035.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-23 18:12 | 6月の平尾台
2007年 06月 16日
梅雨の合間:広谷湿原
早朝はどしゃ降りの雨だったが、目が覚めると雨は止んでいた。
しばらく降りそうなかったので、広谷へ上がってみることにした。
あまり時間がないので、白川の青龍窟から上がる。
等覚寺林道や青龍窟、広谷付近は先週に地元白川の人達による草刈が行われた。
そのおかげで青龍窟下も草が綺麗に刈られ、すっきりしていた。
【青龍窟下の広場にて】
d0117746_23563276.jpg

久しぶりに青龍窟に行ってみる。東洞口のい入り口横にはユキノシタが迎えてくれた。洞口ホールへ降り、いつものように奥の院へお参りする。洞口から緑の光が差し込んで綺麗だ。梅雨に入ってまだあまり雨が降ってないせいか、滴下水もまだ落ちていない。ひんやりとして心地よい。
【青龍窟東洞口にて】
d0117746_01687.jpg

青龍窟を後にし、広谷へ向かうため田代峠への道を登っていく。登って行くと、目の前に「鬼の唐手岩」が見えてくる。白川の里を見おろしている守り本尊の岩である。
田代峠から鬼の唐手岩を横に見ながら、広谷湿原へ降りていく。
【鬼の唐手岩を見ながら広谷へ向かう】
d0117746_05157.jpg

梅雨の時期の朝のせいか、広谷湿原にはまだ人はいない。静かな湿原が佇んでいる。
【広谷湿原】
d0117746_010126.jpg

木道からふと湿原内を見ると、紫色のノハナショウブが一輪咲いていた。回りを見ると、つぼみがいっぱいできつつある。広谷湿原はこれからノハナショウブの時期を迎える。先週はまだ咲いてなかったので、漸く咲き始めた頃である。まだ数本が花開いている程度である。来週以降が見ごろであろう。
【咲き始めたノハナショウブ】
d0117746_0102382.jpg

回りを見ると、いよいよ初夏の花たちが咲き始めている。ヌマトラノオが白い尾を伸ばし始め、カキランも既に開いている。トキソウは少し残っているがほぼ終わりである。しばらく湿原眺めながら、ウロウロする。誰もいないので静かさな湿原を独り占め。
【ヌマトラノオとカキラン】
d0117746_014391.jpg

この時期、広谷湿原の斜面にはオレンジの花が良く目立つ。ヤマツツジである。石灰岩地域でなく、花崗岩地域でこのヤマツツジが生息している。昔に比べると少なくなったが、このヤマツツジもこの時期広谷周辺を彩る花である。
【ヤマツツジ】
d0117746_0252348.jpg

今年もまたノハナショウブに会え安心。鬼の唐手岩へ上がり、白川を見おろす。田植えが終わった水田が光ってきれいだ!
しばらく眺めた後、白川へ向かって駆け下りた。
【鬼の唐手岩から白川の水田を見下ろす】
d0117746_0224278.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-16 23:56 | 6月の平尾台
2007年 06月 09日
6月の青空と緑の草原で:中峠の道
午前中は降ったりやんだりのはっきりしない天気だったが、午後からは青空が広がった。小倉の病院からの帰りに平尾台を越えて帰る。吹上峠へ上がると、青空と緑の草原がとても綺麗だ。吹上峠の駐車場には黄色いオオキンケイギクがいっぱい咲いていた。大平山へ登るジグザグの道に何人かの散策者が取り付いていた。夕陽が傾き始めてるので、そのまま茶が床へ車を走らせる。
吹上峠から見る大平山】
d0117746_111852.jpg

雨上がりのせいか、6月にしてはとても爽やかな青空だ。茶が床園地は沢山の人で賑わっていた。平尾台のシンボルの大平山の緑も綺麗だ。
茶ガ床園地から大平山を眺める】
d0117746_1153533.jpg

何組かのカップルが楽しそうに景色を眺めている。最近の平尾台は若いカップルの姿をよく目にするようになった。嬉しいことだ。この茶ガ床園地は360度の平尾台を見渡せ、展望が抜群である。テーブルベンチもあるので、雄大な景色を見ながらの弁当は最高の気分であろう。
ベンチもある茶ガ床展望台】
d0117746_1202368.jpg

いつものように、茶ガ床から中峠への道をのんびりと歩く。一段と緑が濃くなった草原の中で白いピナクルが目立つ。
d0117746_126161.jpg

緑の草原と青空と白いピナクル。最高の景色だ!夕方の風がとても気持ちいい。カッコーの声を聞きながら、中峠への道を上がって行く。
d0117746_128776.jpg

陽が長くなったせいか18時を過ぎてもまだ日差しがある。緑の草原が斜めの日差しに照らされるとまた綺麗だ。急な坂を登り切ると中峠が見えてくる。私はこのあたりの景色がとても大好きだ。
中峠へ続く道】
d0117746_1402195.jpg

目の前の道の向こうには青空しか見えない。まさに峠である。中峠は周防台と四方台の間を抜け、広谷へ越える峠である。峠を越える時、爽やかな風が吹きぬけていった。6月の梅雨前の清々しい青空の夕方であった。
帰りの途中、宮崎から来られた写真家のご夫婦にお会いした。夕暮れの写真を狙われるとのこと。素晴らしい写真が撮れることを祈る。
d0117746_1404234.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-09 21:02 | 6月の平尾台
2007年 06月 02日
雨に煙る平尾台:茶が床~広谷へ
朝、自宅から平尾台を眺めると雲がかかっていた。たぶん、今は雨であろう。時間は思うようにならないので少しだけ上がってみる。
案の定、小雨が降り、草原も白いガスがかかっていた。雨の朝だけに他に人はほとんどいず静かな草原だ。
d0117746_946933.jpg

茶が床も白いガスの中であった。目の前に見えるはずの大平山もガスの中で全く見えない。雨が降っているが、茶ガ床から広谷まで歩いてみる。(茶が床から広谷方面への車道は今は車やバイクは進入禁止をなっているので、ルールを守って歩いて行きましょう!)
d0117746_9573099.jpg

道の脇には雨に濡れた「クララ」がびっしりと花をつけていた。この時期のこの道はいつもクララが歓迎してくれるので好きだ。静かであるが、ガスの中からカッコーやホトトギスの鳴き声が白い草原に響き渡る。既に梅雨の雰囲気だ。
d0117746_1041816.jpg

中峠を越え、広谷方面へ降りていく。鬼の唐手岩はガス中で見えない。広谷湿原も白いガス中に煙っていた。赤いヤマツツジがガスの中に浮かんでいた。雨の中の広谷は静かでいい。これから咲き始めるであろうノハナショウブの葉が大きくなってきていた。
d0117746_11204753.jpg

湿原の中を見わたすと、小さなピンク色のトキソウが咲いている。生憎、遊歩道の近くにはなく少し離れており小さな花であるが、よく見るといっぱい咲いているのがわかる。よく見たい人は双眼鏡を持参するのがお勧めである。湿原内には絶対に入らないようにしよう。
デジカメの12倍ズームで写真をとってみた。なんとか咲いているのはわかる。
d0117746_1121651.jpg

茶が床へ戻ると、雨もあがりあたりが明るくなってきた。どうやらこれから天気も回復に向かうようだ。
帰りの行橋川の車道脇に「アブラギリ」の花がいっぱい咲いていた。この道のこの時期の風物詩である。
d0117746_11215311.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-02 09:40 | 6月の平尾台