<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 14日
等覚寺林道からNTT鉄塔へ ~師走の初冬を歩く~
貫山へ登る登山道は小倉南区貫集落からや、平尾台上の吹上峠、中峠からがよく知られているが、苅田町白川側からの道はあまり知られていない。今回、白川の等覚寺林道からNTT鉄塔までのルートを紹介したい。
等覚寺林道の入り口もしくは林道の途中に車を止めて歩く。目の前に笹と石灰岩の広谷台の台地が見えてくる。林道は急カーブで折り返し、青龍窟方面へ続いているが、その急カーブのところに貫山への標識がある。
林道から分かれ、笹の中の登山道を登って行く。初冬になり黄色に変わっていく笹の原は太陽の日差しを浴びるとキラキラと輝き綺麗だ。ゆっくり登っていくと目の前にNTTの鉄塔が大きく現われてくる。約20分の登りで目の前にNTT鉄塔への車道へ飛び出る。NTT鉄塔からは水晶山から続く貫山へ登路の標識があるので、それに従って登ればいいが、今回はここで展望を楽しむこととする。
このNTT鉄塔付近からでも素晴らしい展望を十分楽しむことができる。広谷湿原の向こうにひときわ高く周防台が見え、鬼の唐手岩から続くなだらかな広谷台の笹原がキラキラと輝く。東の方向を見ると、高城山の山並の下に山口ダムの白川がこじんまりとし、周防灘への行橋の平野が広がる。国東半島もうっすらと見える。NTT鉄塔側へ歩いていくと、苅田の海側も見えてくる。しばらく展望を眺めていると何組かのハイカーが通り過ぎて行った。(2008/12/14撮影)
d0117746_18324337.jpg
d0117746_18325666.jpg
d0117746_1833845.jpg
d0117746_18331864.jpg
d0117746_18332781.jpg
d0117746_1834362.jpg
d0117746_18342251.jpg
d0117746_18343285.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-12-14 18:28 | 12月の平尾台
2008年 12月 12日
晩秋のススキの中のカップル・・・・三笠台
晩秋の平尾台、風神山から三笠台へ向かってブラブラと歩いていた。
ちょうど太陽が西に傾き、晩秋のススキが白く光って風に揺れるのがとても綺麗だったので、しばらく見とれていた。
ふと目の前の三笠台を見上げると、台上に人がポツンと立っていた。白く光るススキと逆光のコントラストでとても絵になっていた。眺めているとその影はすぐに二人になった。どうやらカップルが台上で遊んでいるらしかった。
二人で写真を取り合っているようだ。逆光の中、微笑ましいシルエットの光景が晩秋の平尾台に溶け込んでいた。
d0117746_1165892.jpg
d0117746_117967.jpg
d0117746_117238.jpg
d0117746_1173723.jpg
d0117746_1174674.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-12-12 01:20 | 11月の平尾台
2008年 12月 09日
平尾台・風神山から見える山々
平尾台からは天気がいいと遠くにいろいろな山々を見ることができる。草原を散策しながら、遠くに見える景色を眺めるのも私は大好きである。この日も、午後だというのに意外と視界がよくて周りの山々がよく見ることができた。
平尾台・風神山から見渡せる山々を紹介したい。風神山からは南方の山々が見渡せ、英彦山・犬ケ岳連山の峰々、中津市八面山から国東半島へ続く山々が見渡すことができる。
この日は八面山の向こうに、遠く鶴見岳と由布岳の姿も見ることができた。(2008/11/30撮影)
d0117746_0224513.jpg
d0117746_02308.jpg

d0117746_0232389.jpg
d0117746_0233733.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-12-09 00:39 | 11月の平尾台