<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 26日
5月初旬の広谷湿原
5月初旬のGW後半、久しぶりの散策。羊群原をウロウロした後、中峠を越え、久しぶりに広谷湿原まで行く。野焼き後、新緑が出始めた頃の平尾台の草原ではおもしろい光景に出合う。野焼きで焼かれた草原は真新しい新芽で緑色であるが、野焼きがされなかったところ、もしくは野焼きで焼け残ったところは冬枯れ色であるため、新緑と冬枯れ色の二色のまだら草原があちこちに見れる。通常、野焼きが行われない、広谷湿原周辺は、周りに比べると、四季に乗り遅れたようにまだどちらかというと冬枯れ色である。そんな冬枯れの中に緑の新芽がようやく芽ぶき始めていた。5月初旬の湿原には、まだ花は見られない。ようやく眠りから覚め、動き始めた湿原が佇んでいた。そんな失言もこれからだんだん初夏の花たちで賑やかになってくる。楽しみである。
【散策日:2009/5/9】
d0117746_02273.jpg
d0117746_023765.jpg
d0117746_02456.jpg
d0117746_02578.jpg
d0117746_03619.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-05-26 23:50 | 5月の平尾台
2009年 05月 22日
5月初旬の平尾台:新緑の草原と爽やかな風
5月初旬、GWの後半に平尾台を久しぶりに散策した。野焼きが終わった平尾台は早くも一面緑色に変化し、爽やかな五月の風が吹きわたっていた。そんな五月の平尾台が私は大好きだ。
緑の草原の中、春の花も目白押しだ。黄色いオカオグルマ、紫色のシラン、青い瞳のホタルカズラ・・・・きりがないほど花がいぱいだ。
久しぶりに青空の中、緑の草原をウロウロしてみた。茶ガ床は今年の三月に改装され、素晴らしいトイレと屋根つきのベンチができ、大勢の人達で賑やかであった。屋根つきのベンチは日陰が少ない平尾台にとっては助かるであろう。
あてもなく羊群原の中を歩いてみた。目指す目的地もなく、草原の中のかすかな踏み跡道をたどっていく。緑の草原の中の白いピナクルの横を通り抜けるたびに、ピナクルが話しかけてくるようだ。
五月の平尾台!青空と緑の新緑と白いピナクル、そして爽やかな風。私の大好きなシーズンである。【散策日:2009/5/9】
d0117746_0472954.jpg
d0117746_0473824.jpg
d0117746_0474610.jpg
d0117746_0475719.jpg
d0117746_048687.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-05-22 00:33 | 5月の平尾台
2009年 05月 02日
洞窟訓練 ~シランの谷~
久しぶりに洞窟訓練(カマネコ探検隊プレ竪穴訓練)のため、平尾台へ上がった。天気も青空天気で野焼き後の平尾台の草原も新芽で緑が多くなっており心地いい。訓練場所は見晴らし台の近くのドリーネ「シランの谷」の奥壁。ドリーネ内のほぼ垂直の壁にて3ルートの下降点設置、ラダー昇降の繰り返し訓練。上界は青空天気で五月の爽やかな風が吹きわたる天気であるが、ドリーネの底は薄暗くてひんやりと涼しいほどだ。ほぼ一日、薄暗い壁でのロープ宙吊り訓練。今回は少人数であったので、かなり充実した訓練であった。U隊長、T中さん、ありがとうございました!

①シランの谷へ向かう
d0117746_2352553.jpg

②下降開始
d0117746_23534333.jpg

③昇降訓練
d0117746_23541743.jpg

④帰る
d0117746_23544356.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-05-02 23:48 | ケイビング