タグ:三笠台・風神山周辺 ( 5 ) タグの人気記事

2008年 12月 12日
晩秋のススキの中のカップル・・・・三笠台
晩秋の平尾台、風神山から三笠台へ向かってブラブラと歩いていた。
ちょうど太陽が西に傾き、晩秋のススキが白く光って風に揺れるのがとても綺麗だったので、しばらく見とれていた。
ふと目の前の三笠台を見上げると、台上に人がポツンと立っていた。白く光るススキと逆光のコントラストでとても絵になっていた。眺めているとその影はすぐに二人になった。どうやらカップルが台上で遊んでいるらしかった。
二人で写真を取り合っているようだ。逆光の中、微笑ましいシルエットの光景が晩秋の平尾台に溶け込んでいた。
d0117746_1165892.jpg
d0117746_117967.jpg
d0117746_117238.jpg
d0117746_1173723.jpg
d0117746_1174674.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-12-12 01:20 | 11月の平尾台
2008年 12月 09日
平尾台・風神山から見える山々
平尾台からは天気がいいと遠くにいろいろな山々を見ることができる。草原を散策しながら、遠くに見える景色を眺めるのも私は大好きである。この日も、午後だというのに意外と視界がよくて周りの山々がよく見ることができた。
平尾台・風神山から見渡せる山々を紹介したい。風神山からは南方の山々が見渡せ、英彦山・犬ケ岳連山の峰々、中津市八面山から国東半島へ続く山々が見渡すことができる。
この日は八面山の向こうに、遠く鶴見岳と由布岳の姿も見ることができた。(2008/11/30撮影)
d0117746_0224513.jpg
d0117746_02308.jpg

d0117746_0232389.jpg
d0117746_0233733.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-12-09 00:39 | 11月の平尾台
2008年 11月 30日
晩秋の平尾台 ~三笠台から風神山を歩く~
11月後半、晩秋の平尾台へ上がってみる。久しぶりに三笠台駐車場から風神山のほうへぶらりと歩くことにする。前日が雨だったせいか、午後にしては青空がはっきりとし、ほんのり色づいている草原との色合いが綺麗だ。天気がいいせいかカップルの数も多い。
d0117746_304033.jpg

三笠台から農道をブラブラと歩く。このあたりは平尾台でも草原の中に畑が多い。大きく育った大根畑の横を歩いていく。西南の方向を見るとふたこぶのラクダ山と台形状の龍ガ鼻のシルエットが美しい。
d0117746_312559.jpg

d0117746_321469.jpg

11月も後半に入ると、ススキもそろそろ終わりである。白い穂が落ちてきて、細くなってきている。そんなススキを見ながら行くと、大かんの台と風神山の間の防火帯に出る。
d0117746_331163.jpg

防火帯を少し下がると、石灰岩のピナクルの間に石の祠が見えてくる。風神祠である。ここからは天狗岩の稜線と行橋側の平野の眺めが抜群である。今日は視界もよく、英彦山から犬が岳の山々もよく見える。
d0117746_333770.jpg
d0117746_335584.jpg

風神祠から少し北へ行くと、標高433mの風神山のピークである。目の前に天狗岩の稜線が間近に見える。
風神山から北の方角を見渡すと、平尾台のカルスト景観と、取り巻く桶ケ辻から貫山、大平山の山並が雄大に広がる。晩秋の日差しを浴びながら、しばらくこの景観を楽しむ。西側にはススキの向こうに、見事に台形状の龍ガ鼻の山容が異彩を放っている。
d0117746_344930.jpg
d0117746_35070.jpg
d0117746_352184.jpg

d0117746_355468.jpg

終わりかけたススキの中をのんびりと歩きながら、三笠台をグルリと一周し千貫岩へ回って降りて帰る。少し肌寒かったが、青空と白い雲とススキがとても綺麗であった。(2008/11/30撮影)
[PR]

by hiraodai_love | 2008-11-30 23:06 | 11月の平尾台
2008年 02月 11日
雪の平尾台(2008/2/3)
地球温暖化の影響か最近は雪が積もる日が少なくなった。
そんな中、今年一番の寒波がきた。ちょうど週末、朝、目覚め窓から外を見ると白川を取り巻く平尾台がうっすらと白くなっていた。
天気は曇りで今にも雨が降り出しそうであったが、昼前に時間がとれたので、上がってみた。
道路の雪は既に溶けているが、草原は白くなっていた。
d0117746_113925.jpg

三笠台に車を止め、景色を見渡した。雪景色の中では雪をかぶったピナクルは黒っぽく見えるがおもしろい。草原の向こうの大かんの台、らくだ山もうっすらと白くなっている。
d0117746_1141764.jpg

d0117746_1145615.jpg

千貫岩の横を通る。千貫岩も白い雪に囲まれると黒いどっしりとした岩の塊だ。
d0117746_1151261.jpg

千貫岩を越していくと、右手に牡鹿洞と連なる川ドリーネが見える。牡鹿洞は立替のためであろうか、建物が壊されている。
d0117746_11539100.jpg

見晴らし台に車を止める。雪の量が少ないため、まだらの草原が広がる。かがり火盆地から貝殻山方面を歩いてみる。
d0117746_1161499.jpg

d0117746_1162847.jpg

雪をかぶったピナクルが寒そうだ。
そうこうしてると、雨がポツポツと落ちてきた。雪だといいのだが生憎の雨だ。今年はあと何回、雪景色が見られるであろうかと思いながら平尾台を降りた。
d0117746_1164292.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-02-11 01:24 | 2月の平尾台
2007年 01月 08日
三笠台から風神山~大かん台へ
午後から少し時間ができたので、平尾台へ上がってみる。三笠台駐車場に車をとめ、久しぶりに風神山から大かん台へ歩いてみることにする。正月明けの週末の夕暮れの平尾台は静かだ。三笠台駐車場にも珍しく一台も車がいない。
<▼三笠台駐車場にて>
d0117746_232414.jpg

草原の斜面を三笠台へ上がってみる。今年は暖かいが、1月の風はやはり冷たい。三笠台に上がると、平尾台が360度見渡せる。冬枯れ色の草原の中に白い石灰岩の群れがひときわ綺麗だ。西からの夕暮れの光が冬枯れ色の草原を照らし、オレンジ色に輝く。
<▼三笠台から風神山・大かん台を眺める>
d0117746_2371527.jpg

三笠台から風神山へ歩いてみる。冬枯れの草原が風でザワザワと揺れる。
時期と時間のせいか、他に人の姿は見えない。
冬の空に雲が流れていく。
<▼風神山にて>
d0117746_22141031.jpg

風神山からは天狗岩の稜線が目の前に見える。
この先は断崖絶壁に切れ落ちている。その稜線の左に、行橋の平野が見える。
<▼風神山の祠>
d0117746_22172627.jpg

風神山には祠がポツンと立っている。
誰もいず、静かだ。
<▼大かん台にて。
d0117746_22225313.jpg

だんだん夕暮れになってきた。西の空がいろいろな色に変化してくる。
風神山から大かん台へぶらぶらと歩いてみる。
目の前の龍ガ鼻に夕陽と雲が流れていく。
一月の夕方の平尾台はとても静かだ。
夕方になり、風が冷たくなってきた。
冬の畑を横切り、三笠台へ戻った。
[PR]

by hiraodai_love | 2007-01-08 23:00 | 1月の平尾台