タグ:中峠 ( 4 ) タグの人気記事

2007年 07月 22日
梅雨明け直前:コオニユリの咲く夏の草原で
7月も半ばになったが、梅雨が明けそうでなかなか明けずにぐずぐずした天気が続いていた。この土日も雨模様の天気であったが、日曜日の夕方になり漸く雨が切れそうなった。なんとか時間がとれたので夕方に平尾台へ上がってみる。
平尾台へ上がると、雲は晴れそうで晴れず大平山にも雲がかかっていたが、雲は早く流れていた。茶が床へ上がると目の前にオレンジのコオニユリが迎えてくれた。緑の草原にオレンジの色はよく目立つ。
d0117746_22141434.jpg

雨が上がり天気は回復基調にあるためか、夕方にもかかわらず茶ガ床には数組の人が夕暮れの景色を楽しんでいた。いつものように茶ガ床かた中峠を越え、広谷へ向かうことにする。歩道の脇には早くもシシウドが大きな背を伸ばしてきていた。
d0117746_22145567.jpg

歩道を歩きながら緑の草原を眺めていると、コオニユリとは違ったオレンジの花が風に揺れていた。ヒオウギである。白い石灰岩のピナクルの横でオレンジの花が揺れていた。
d0117746_22152186.jpg

中峠への坂道を歩いて登っていると、雲も漸く切れ始めたかと思うやいなや青空が急激に広がってきた。夕方の日差しが斜めに草原を照らす。坂道の途中のコオニユリにちょうど夕陽が照らしていた。青空と緑の草原とオレンジのコオニユリがとても綺麗だ。
d0117746_22153588.jpg

少し強い風が草原を流れていく。白い雲が流れ、草原と青空の世界の変わっていく。草原の上に月の姿も見える。
残念なことに前から車が走ってきた。この道は車進入禁止であるはずなのに、どうやらゲートのロープをはずして出入りしたようだ。情けなくなる。歩けばどんなに気持ちがいいものか。
d0117746_22155314.jpg

夏の夕方の平尾台は気持ちいい。吹き渡る風。草原の夕陽と影のコントラスト。そんな草原を眺めながら中峠を越えていく。
d0117746_2216461.jpg

中峠を越えると、ピンクのカワラナデシコが多くなる。道端にピンクのカワラナデシコがさりげなく咲いて迎えてくれるのがなんとも贅沢である。その優しげな姿は安らぎを与えてくれる。
d0117746_22162111.jpg

広谷湿原も夕陽が斜めに差し込んでいた。鬼の唐手岩は日が当たっていたが、湿原は既に日が沈んでいる。
d0117746_22163852.jpg

広谷湿原もコオニユリが咲き始めており、湿原を見るとオレンジの花がちらほら見える。木道へ降りてみる。木道あたりのコオニユリはまだ蕾であり、これから咲き始める。今日もまた湿原で誰にも会わなかった。アブラガヤが既にその色を茶色に変えつつあった。梅雨が明けると、湿原もいよいよ夏本番となる。
d0117746_22165365.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-07-22 22:11 | 7月の平尾台
2007年 07月 01日
梅雨のど真ん中の平尾台:今年は雨が少ない
【石原町から見る平尾台】
そろそろ梅雨のど真ん中になったが、ここ北部九州はまとまった雨がほとんど降っていない。このままでは、水不足が心配だ。
早朝に小倉で用事があったが二時間ほど時間がとれそうだったので、帰りの途中に平尾台へ寄る。国道322号線、石原町あたりから見る平尾台は比較的なだらかな山に見える。
その中で特に目立つのが塔ガ峯であろう。この山はある角度から見ると槍ヶ岳のようにするどく尖ったおもしろい山だ。その右側になだらかな大平山、そして鞍部の吹上峠、その右手に馬の背台を見ることができる。
d0117746_217143.jpg

【吹上峠前から石原町方面を見降ろす】
国道322号から分れ、山道をグングン上がって行く。吹上峠が近づいてくると、眼下に石原町、井出浦浄水場が見下ろせてくる。
d0117746_2185783.jpg

【茶が床にて】
吹上峠を越え、そのまま茶が床に向かう。茶が床には梅雨時の午前中であるが、多くの車が止まっていた。貫山へ向かう登山者も多いようだ。
d0117746_2117932.jpg

【カセンソウ】
天気予報は雨であったが、雨は降りそうにない。いつものように、中峠への道を歩いて向かう。道の脇に夏の花である黄色いカセンソウが咲き出していた。草原の緑の中にこの黄色い色がよく目立つ。
d0117746_21104512.jpg

【風にそよぐ緑の草原の中で】
緑の草原は一段とその色が濃くなった。吹き渡る風にその緑の草原が波にように揺れて動く。
d0117746_21183315.jpg

【広谷湿原にて】
広谷湿原へ降りてみる。紫色のノハナショウブはいっぱい咲いているが、花期は既に終盤を迎えているようだ。来週までが見ごろであろう。上の鬼の唐手岩から人の声が聞こえてきた。見上げると、数人が龍のタテガミで懸垂下降していた。
d0117746_2112645.jpg

【大平山方面へ向かう】
広谷を後にし、久しぶりにキス岩方面を回って茶が床に戻ることにする。中峠から大平山方面への道を上がっていくと、目の前に大平山と緑の草原に群がる白い石灰岩のピナクルの群れが表れてくる。
d0117746_2113444.jpg

【草原の中の白い羊の群れ】
ここから見る石灰岩の群れの風景は私の大好きなポイントだ。緑の草原の中に白い羊達が気持ちよさそうに群れている。
d0117746_21134814.jpg

【キス岩にて】
キス岩はいつみても、その姿はキス岩である(笑)。このアベックはもう何年、何十年、何百年この状態でキスをし続けているのであろうか。「恋人同士がこの岩の前でキスをすると、その恋は永遠のものとなる。」と勝手に言っているが、そのロマンが実現すると素晴らしいものだ。
d0117746_21143953.jpg

【オカトラノオ】
草原の中には白い尾を垂らしたオカトラノオがその尾をいっぱい揺らしている。道端には真っ赤に熟したナワシロイチゴが実をいっぱいつけていた。茶が床に戻ると、雨どころか雲が切れ、青空が広がりつつあった。全く今年の梅雨はいつから雨が降るのだろうか。
d0117746_21152521.jpg

【ネムノキ】
行橋方面へ帰る途中、ネムノキの薄ピンクの花が平尾台の風に揺れていた。
d0117746_21153970.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-07-01 21:03 | 7月の平尾台
2007年 06月 09日
6月の青空と緑の草原で:中峠の道
午前中は降ったりやんだりのはっきりしない天気だったが、午後からは青空が広がった。小倉の病院からの帰りに平尾台を越えて帰る。吹上峠へ上がると、青空と緑の草原がとても綺麗だ。吹上峠の駐車場には黄色いオオキンケイギクがいっぱい咲いていた。大平山へ登るジグザグの道に何人かの散策者が取り付いていた。夕陽が傾き始めてるので、そのまま茶が床へ車を走らせる。
吹上峠から見る大平山】
d0117746_111852.jpg

雨上がりのせいか、6月にしてはとても爽やかな青空だ。茶が床園地は沢山の人で賑わっていた。平尾台のシンボルの大平山の緑も綺麗だ。
茶ガ床園地から大平山を眺める】
d0117746_1153533.jpg

何組かのカップルが楽しそうに景色を眺めている。最近の平尾台は若いカップルの姿をよく目にするようになった。嬉しいことだ。この茶ガ床園地は360度の平尾台を見渡せ、展望が抜群である。テーブルベンチもあるので、雄大な景色を見ながらの弁当は最高の気分であろう。
ベンチもある茶ガ床展望台】
d0117746_1202368.jpg

いつものように、茶ガ床から中峠への道をのんびりと歩く。一段と緑が濃くなった草原の中で白いピナクルが目立つ。
d0117746_126161.jpg

緑の草原と青空と白いピナクル。最高の景色だ!夕方の風がとても気持ちいい。カッコーの声を聞きながら、中峠への道を上がって行く。
d0117746_128776.jpg

陽が長くなったせいか18時を過ぎてもまだ日差しがある。緑の草原が斜めの日差しに照らされるとまた綺麗だ。急な坂を登り切ると中峠が見えてくる。私はこのあたりの景色がとても大好きだ。
中峠へ続く道】
d0117746_1402195.jpg

目の前の道の向こうには青空しか見えない。まさに峠である。中峠は周防台と四方台の間を抜け、広谷へ越える峠である。峠を越える時、爽やかな風が吹きぬけていった。6月の梅雨前の清々しい青空の夕方であった。
帰りの途中、宮崎から来られた写真家のご夫婦にお会いした。夕暮れの写真を狙われるとのこと。素晴らしい写真が撮れることを祈る。
d0117746_1404234.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-09 21:02 | 6月の平尾台
2007年 06月 02日
雨に煙る平尾台:茶が床~広谷へ
朝、自宅から平尾台を眺めると雲がかかっていた。たぶん、今は雨であろう。時間は思うようにならないので少しだけ上がってみる。
案の定、小雨が降り、草原も白いガスがかかっていた。雨の朝だけに他に人はほとんどいず静かな草原だ。
d0117746_946933.jpg

茶が床も白いガスの中であった。目の前に見えるはずの大平山もガスの中で全く見えない。雨が降っているが、茶ガ床から広谷まで歩いてみる。(茶が床から広谷方面への車道は今は車やバイクは進入禁止をなっているので、ルールを守って歩いて行きましょう!)
d0117746_9573099.jpg

道の脇には雨に濡れた「クララ」がびっしりと花をつけていた。この時期のこの道はいつもクララが歓迎してくれるので好きだ。静かであるが、ガスの中からカッコーやホトトギスの鳴き声が白い草原に響き渡る。既に梅雨の雰囲気だ。
d0117746_1041816.jpg

中峠を越え、広谷方面へ降りていく。鬼の唐手岩はガス中で見えない。広谷湿原も白いガス中に煙っていた。赤いヤマツツジがガスの中に浮かんでいた。雨の中の広谷は静かでいい。これから咲き始めるであろうノハナショウブの葉が大きくなってきていた。
d0117746_11204753.jpg

湿原の中を見わたすと、小さなピンク色のトキソウが咲いている。生憎、遊歩道の近くにはなく少し離れており小さな花であるが、よく見るといっぱい咲いているのがわかる。よく見たい人は双眼鏡を持参するのがお勧めである。湿原内には絶対に入らないようにしよう。
デジカメの12倍ズームで写真をとってみた。なんとか咲いているのはわかる。
d0117746_1121651.jpg

茶が床へ戻ると、雨もあがりあたりが明るくなってきた。どうやらこれから天気も回復に向かうようだ。
帰りの行橋川の車道脇に「アブラギリ」の花がいっぱい咲いていた。この道のこの時期の風物詩である。
d0117746_11215311.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2007-06-02 09:40 | 6月の平尾台