タグ:鬼の唐手岩・広谷台 ( 2 ) タグの人気記事

2009年 01月 31日
スノーハイク:広谷台から鬼の唐手岩へ
1/25の雪の日の平尾台。貫山からの帰りに広谷台から鬼の唐手岩へ回ることにした。相変わらず雪は降り続いており、視界もあまりよくない。貫山からNTT鉄塔へ続く舗装道へ出る。積雪は10cm程度。いつもなら真下に広谷湿原が見渡せるはずだが、今日は雪でほとんど見えない。周防台の姿も全く見えない。
d0117746_22353098.jpg

雪は降り続いているが風が少ないので快適だ。しかし、他に散策者には全く合わない。静かな雪の日の散策を楽しむ。舗装道から広谷台へ続く道へ入る。
d0117746_22363515.jpg

笹の原の中に続く真っ白な防火帯を歩いていく。誰も歩いていない真白なバージンの雪道に足跡を付けて行くのもまた楽しい。
d0117746_22374271.jpg

広谷台への登りから振り返る。NTTの鉄塔は見えるが、貫山の姿は見えない。
d0117746_22381242.jpg

広谷台も真白であった。天気が良ければここからは私の住む白川が真下によく見えるのであるが、今日は何も見えない。広谷台の標識も雪が付着して見えない。
d0117746_22384376.jpg

広谷台からは草原の中のピナクルを間を通りながら鬼の唐手岩へ向かう。目の前に周防台が大きく見えるはずだが雪で見えない。雪をかぶったピナクルを見ながら鬼の唐手岩へ到着する。
d0117746_22394192.jpg
d0117746_22394414.jpg

唐手岩の上も雪をかぶっている。岩の上に上がって見たが生憎アイゼンを持ってきてなかったので、滑りそうで怖い。セルフタイマーを使っていつもの哀愁の後ろ姿の写真を何枚か撮ったが、一度、滑りそうになり冷汗が出る(笑)。ここで落ちたらセルフタイマーはその瞬間をちゃんと納めてくれてるだろうかと変な心配をする。
d0117746_22402169.jpg

唐手岩で少し遅い昼食とする。のんびりと雪景色を眺めていると雪も止み、運のいいことに空が少しずつ明るくなってきて、ほんの少しであるが青空が見えてきた。天気の状態から天使のいたずらの束の間の青空であるのだが、今まで悪かっただけに嬉しい。広谷台も綺麗に見えてくる。
d0117746_22405728.jpg

d0117746_22443695.jpg

すかさずカメラを出し、真下に見える広谷湿原から四方台、周防台方面の写真をとる。草原の中を横切る雪が積もった白い道が綺麗だ。
d0117746_22413434.jpg
d0117746_22415782.jpg
d0117746_224298.jpg

唐手岩でしばらくのんびりした後、田代峠を回って広谷湿原へ降りることにする。田代峠から見る鬼の唐手岩は雪景色の中で一段とどっしりして見えた。束の間の青空も消え、また、曇り空になってきた。(2009/1/25)
d0117746_2246099.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2009-01-31 22:46 | 1月の平尾台
2008年 01月 04日
鬼の唐手岩 ~2008年散策の幕開け~
毎年、元旦の初日の出は鬼の唐手岩からが恒例となっているのだが、2008年の元旦は生憎、天気に恵まれなかった。いろいろ用事も重なり、2008年の平尾台散策の幕開けは1月4日になった。運のいいことに、天気は冬晴れの青空であった。
青龍窟の奥の院にお参りしたあと、さっそく鬼の唐手岩へ向かう。
d0117746_17161935.jpg

田代峠へ向かうと鬼の唐手岩が目の前にそびえてくる。
目が覚めるような青空をバックに、鬼の唐手岩の勇姿が近づく。
d0117746_1755152.jpg

冬色の草原の中に浮かぶピナクルの景観は夏色とはまた違った美しさがある。
d0117746_17585512.jpg

草原の向こうに広谷台への道が続く。
d0117746_18185341.jpg

鬼の唐手岩に上がってみる。眼下に白川の里が見下ろせ、目の前に京都平野と豊前海方面の展望が広がる。視界がいいときには、国東半島はもちろんのこと、由布岳・鶴見山群も見える。
元旦の初日の出は見ることはできなかったが、2008年の幕開けの展望は最高である!
d0117746_1833987.jpg

後ろを振り向くと、広谷湿原を眼下に、その向こうに女性的でなだらかな草原の四方台、主峰貫山が広がる。
d0117746_188956.jpg

鬼の唐手岩は垂直に切り立った断崖の岩場である。高度感を満喫できるが、足元には十分注意して展望を楽しもう。高所恐怖症や子供達はあまり岩場の端には近寄らないようにしたほうが無難である。
d0117746_1811235.jpg

唐手岩の展望を満喫した後、広谷湿原に下りてみる。ところどころに雪が残っており、湿原は静かに佇んでいる。
d0117746_1814023.jpg

再び青龍窟へ戻る。冬色の草原の斜面にポッカリと開けた青龍窟の東洞口を見ながら帰路についた。
d0117746_18154446.jpg

[PR]

by hiraodai_love | 2008-01-04 17:10 | 1月の平尾台